ジャンル | 人生の意味が知りたい

ジャンル | 人生の意味が知りたい

1529回(2021/1/16,17)

キャパオーバーが「霊障」に―?

~霊障の意外な原因と解決方法~

【今回のポイント】
◇霊障とは、霊的に悪しき影響を受けている状態のこと
◇普通の生活をしていても「キャパ越え」で霊障に―?!
◇完璧主義の考えを一旦、捨ててみる
◇具体的な処方箋「細分化の原理」「雪下ろし」

今回のテーマは「霊障」です。霊障とは、簡単に言うと「悪霊に取りつかれている状態」のこと。「もう無理…仕事辞めたい…」「頑張っていること、すべて放り投げたい…」「これから人生頑張るなんて、考えられない…」こんなセリフ、頭をかすめることありませんか?でも、この言葉、自分の頭で考えていると思いがちですが、実は「ニセモノの自分の声」かもしれません。あることが原因で「霊障」になって、悪い霊が囁いているのかも。今回は『秘密の法』第2章「霊障者の立ち直りについて」を紐解きながら、霊障の原因と解決方法について学びを深めていきます。番組後半には映画『美しき誘惑~現代の「画皮」~』キャンペーン・ソングの「女の悟り」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・大川咲也加)も紹介いたします♪お楽しみに!


1527回(2021/1/2,3)

「With Savior-救世主と共に―」 ~2020年エル・カンターレ祭 法話ダイジェスト②~

【今回のポイント】
◇欧米では、コロナウィルスが別途撒かれた―?
◇米大統領選で暗躍する覇権主義国家の影
◇日本だけではなく、世界のマスコミも沈黙している「ある疑問」
◇「中道」からの正しい発展を―!

2021年最初の放送は、エル・カンターレ祭 大講演会「With Savior-救世主と共に―」のダイジェスト後半をお届けします!今や全世界でコロナウィルスが流行し、その中で政治的意図というものが隠されているかのようです。昨年12月8日(火)さいたまスーパーアリーナで開催された本講演では、大川隆法総裁が神の目から見た、世界の指針を語られました。神仏の目から見た正しい価値判断と未来の希望を提示されたこの御法話。救世主の思いをぜひ受け取ってみてください。楽曲「ウィズ・セイビア」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・大川咲也加)もたっぷりお届けします!お楽しみに!


1526回(2020/12/26,27)

「With Savior-救世主と共に―」 ~2020年エル・カンターレ祭 法話ダイジェスト①~

【今回のポイント】
◇世界中に蔓延した中国発のコロナウィルスについての見解
幸福の科学の「信仰免疫」とは―。
◇大統領選は「トランプVS反トランプ」の戦いだった
◇第三次世界大戦としてのウィルス戦争か―?

2020年最後の放送となりました。みなさんは今年一年、どんな年となりましたでしょうか。今年は、中国発のコロナ・ウィルスが世界中で広がり、日本にも大きな影響を与えました。危機の時代…と言えば、だれしも頷くこの世の中。そんな時代だからこそ、「救世主」はこの世に降りたち、さまよえる人々に光の指針を示されます。今回は2020年12月8日(火)、さいたまスーパーアリーナで開催されたエル・カンターレ祭 大講演会「With Savior-救世主と共に―」の法話をダイジェストでお送りいたします。今週は前編です。神仏の目から見た正しい価値判断と未来の希望を、ぜひ受け取ってみてください。番組後半には楽曲「水の革命」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・恍多)もお届けします!お楽しみに!


1524回(2020/12/12,13)

『秘密の法』を読めば、霊的世界は怖くない

人生を変える新しい世界観を、あなたに―。

【今回のポイント】
◇あなたがたは救世主と共に生きている。
◇科学の発展はどこまで未知の世界を解明できたのか―。
◇ホラー映画は「荒唐無稽」?!
◇霊的真実を知れば、世界観が変わる

With Savior-救世主と共に生きる時代とは、危機の時代であると共に、神仏や霊的世界の秘密がすべて明かされる救いの時代でもあります。そんな中、世に出されたのが大川隆法総裁法シリーズ最新刊『秘密の法』。今回はその『秘密の法』から、霊的真実の「秘密」について見ていきます!最新曲「ウィズ・セイビア」、そして「さよなら、香香(シャンシャン)」もお届けします♪


1520回(2020/11/14,15)

あなたは天使!〜障害児支援の現場で輝く、魂の光〜

人間の本質は「魂」―。

【今回のポイント】

◇障害児がこの世に生を受ける意味とはー?

◇誰もが「与える側」になりたいと願っている

◇作品集「小さな祈り」に表現される、障害児の豊かな心

◇肉体を通した"表現"に困難があるだけで、”魂”は健全

今週お送りするのは、障害児支援を行う一般社団法人「ユー・アー・エンゼル」理事長 諏訪裕子さんとのトークです。「障害があっても、魂は健全!」を理念に活動する中で、不自由な肉体の奥で輝く、子どもたちの「魂の光」を感じたエピソードを語ってくださいました。「人は魂が肉体に宿り、人生修行を送っている存在」ー。番組で繰り返しお伝えしているこの霊的人生観が、改めて納得できるお話です。ぜひ、お聴きください!