放送一覧

放送一覧

1684回(2024/1/6,7)

心の指針「痛みに耐える」

痛みの先に得られる幸福

【今回のポイント】
◇何かいつもとは違うことを始めると、人は痛みを感じる
◇継続の鍵となる「機能快」とはー。
◇痛みに耐えて、継続することで得られるもの
◇意志の力で続けていると、習慣の力がついてくる

今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2024年1月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針「痛みに耐える」です。 新しいことを始めるとき、最初は努力感・筋肉痛などの“痛み”を伴うもので、それによって続かなくなることもしばしば...。しかし、その痛みに耐えて努力を継続していると、やがて「痛みが爽快感へと変わる瞬間が来る」と言われています。痛みに耐えた先にある「幸福」とは何か、詩編から学んでいきましょう。1年の始めに、新たな習慣作りを始める後押しとなれば幸いです!番組後半には、楽曲「君の瞳は輝いてー戦闘バージョン」(作詞作曲・大川隆法、歌・篠原紗英)もお届けします♪

★紹介御法話:「天意を正しく受け取る法」質疑応答より抜粋(書籍『人格力』所収)


1687回(2024/1/27,28)

「言葉」が持つ霊的な力~人を幸福にする言葉、人を不幸にする言葉

言葉によって、人は幸・不幸を分けていく

【今回のポイント】
◇言葉というものは、まさしく人生の牽引車
◇言葉には、昔から言霊(ことだま)と言うように、霊力がある
◇仏の心にかなった言葉を出す
◇「正しく語る」ということの探究には終わりがない

特に悪気なく思ったことを口にして相手を傷つける、不平不満や愚痴などを言って周囲から嫌がられる、また逆に祝福の言葉によって相手から喜ばれる、励ましの言葉で勇気づけられた・・・というような経験はみなさんもあると思います。このように言葉とは、発する内容によって人を傷つけることもできれば、人を幸福にすることもできますよね。今回の放送では「言葉の霊的な力」について学びを深めつつ、自らの言葉を調律するためのヒントもお伝えします!番組後半では、『ありがとうの一言』(作詞・作曲:大川隆法総裁、歌:森成美)も紹介します。お楽しみに♪

★紹介御法話:「『真説・八正道』講義①」より抜粋(書籍『真説・八正道』第4章所収)


1685回(2024/1/13,14)

「人生の大目標」が不確実な未来を切り開く

未来を信じつつ、今日も着実な一手を指す

【今回のポイント】
◇神仏の心に沿わない目標を排除しておく
◇『小説 永遠の京都』朗読 ― 主人公の鏡川竜二が自分の弱さに気づき、自らの志を見つめ直す姿
◇人生には竹が節をつくるように順境と逆境がある
◇「一日一生」―― 今日一日、何ができるか

毎年、「新年を機に目標を立てよう」と決意するものの、結局、いつも実現できずに一年が終わってしまうという人や、目標の達成自体を諦めてしまったという人は結構いらっしゃるのではないでしょうか。実際、ある企業の調査によると「新年に目標を立てた人のうち8割が未達成だった」という結果もあるそうです。目標を達成できない理由は人それぞれですが、仏法真理では、何を基準に人生の目標を立てるかが、成功を掴むうえで大切であることが説かれています。今回は、仏法真理を通して目標を立てて、未来を切り開くためのヒントをお伝えします!番組の中では、自伝的小説「鏡川竜二シリーズ」3作目の『永遠の京都』の朗読もあります♪お楽しみに!

★紹介御法話:「現代の武士道」より抜粋(書籍『現代の武士道』所収)


1686回(2024/1/20,21)

【人生相談】令和の若者の悩みに答える―職場の人間関係・親友との別れ

幸福の科学の支部長に聞く、悩み解決のヒント

【今回のポイント】
◇毎日のように人生相談を受ける幸福の科学の支部長
◇お悩み相談①職場の後輩が言うことを聞かずに困っています―。
◇お悩み相談②最近眠れない…親友との死別で心に穴が開いたから―?
◇選択の多様性ゆえに未来が見えず不安になるが、それは若さの持つ豊かさである

「天使のモーニングコール」では、幸福の科学で説かれる心の教え、仏法真理をもとに「人生における疑問・悩みを解決するためのヒント」を毎週様々な角度からお伝えしています。ただそうしたなかで、今まさに自分が抱えている悩みに対して、具体的にどう当てはめていけば良いのか、もう少し詳しく聞いてみたいという方も多いのではないかと思います。そこで、今回は、幸福の科学の支部長として、長年色々な方の人生の悩みと向き合って来られた、長野県・松本支部 蜂須豊支部長をゲストにお迎えして、なかでも若者の悩みを中心に、仏法真理に基づく悩みの解決方法を考えてみたいと思います!

★紹介御法話:「ヤング・ブッダを目指して」より抜粋(書籍『青春の原点』所収)

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今回の放送に収まらなかった3つのお悩みについても、YouTube限定で公開します。
↓1/22(月)朝7:00に公開予定です♪
https://youtu.be/BBfsV5s4nwU?feature=shared

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


1688回(2024/2/3,4)

心の指針「人に違いがあるということ」

「人との違い」との”向き合い方”が、自分の未来を変えるー。

【今回のポイント】
◇他人と自分とを比べて苦しむことは数多くある
◇「平等」という言葉の”落とし穴”
◇他人との違いは自分を磨くための舞台装置
◇人生は自己発見の旅 ― 他人がいなければ、自分自身のことがまったく分からない

今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2024年2月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針「人に違いがあるということ」です。 人との違いは苦しみの原因になることも多いですが、よくよく考えてみると、個性・成長の可能性など、人との違いがあることによって生まれているものは、意外と数多くあるものです。詩篇の学びを通して、「人に違いがあること」との”向き合い方”を見つめ直してみましょう。自分の未来を変えていくためのヒントが見つかるはずです!番組後半では、『光り合う生命。』(作詞・作曲:大川隆法総裁、歌:篠原紗英)も紹介します。お楽しみに♪

★紹介御法話:「不幸であることをやめるには」より抜粋(書籍『幸福の法』第1章所収)