「子育て」の検索結果

「子育て」の検索結果

1537回(2021/3/13,14)

すくすく成長!上手な子育てのヒント

子どもたちは、神様に向かって育っていく

【今回のポイント】

◇幼児教室「エンゼルプランV」とは?

◇10歳までに「真・善・美」を身に着けることの大切さ

◇歌詞のフレーズが子どもの「憧れ」になっていく

◇子育てで悩んでいる親御さんへ

今週のテーマは「子育て」です。幸福の科学は教育事業にも熱心に取り組んでおり、乳幼児や子ども向けにも法話や楽曲、絵本なども数多く発信しています。今回は、幸福の科学の幼児教室「エンゼルプランV」の奥田敬子さんをゲストに、幼少期の子育てのポイントを伺いました!10歳までに身に着けた方がよい、あることとは…?子ども向けの新曲「エル・カンターレの歌」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・田中宏明 with リトル・アンツ)も紹介します♪お楽しみに!

エンゼルプランVについてはこちらから!⇒エンゼルプランV


1517回(2020/10/24,25)

自助論で天使になあれ!

歌で伝える、努力の教え

【今回のポイント】
◇「努力ってなんで大事なの?」子どもに聞かれたら答えられますか?
◇自分が向上していくことは「魂の喜び」
◇自分のみの努力を超えて、人助けにも勇気を出そう!
◇大川総裁が子供向けに説いた法話「自助論の大切さ」から抜粋

知っているようでなかなか上手に説明できない「努力の大切さ」について、大川隆法総裁が子ども向けに作詞・作曲された楽曲「自助論で行こうよ」を味わいながら、お送りします。大人の心にも優しく響く、歌詞とメロディーです。ぜひ、お聴きください!


1479回(2020-02-02 09:00:26)

心の指針「娘が母になる時」

新しい命が継承されていく喜びー。

【今回のポイント】
◇「気がつけば、娘が母になっていた」
大川総裁ご長女が生まれた、1991年の出来事を振り返る。
◇娘から見た大川総裁の姿とはー?
◇詩篇の中で触れられる、91年大講演会「ミラクルへの出発」より抜粋

今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」2020年2月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば「心の指針」。大川総裁がご長女を育てた経験を振り返って、したためられています。みなさん自身の子育てやご両親との思い出を重ねながら、お聞きください。ミニコーナーでは、2月8・9日に行われる「ニュースター・プロダクション」主催ファン感謝イベントについて告知があります。お楽しみに。

YouTubeへのチャンネル登録もよろしくお願いします!
【「天使のモーニングコール」YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCqC_OHa03pvPgvWDd4EJYbg


1409回(2018-09-30 09:00:12)

心の指針「親子の逆転」

違いがあるから、生まれてくる意味もある

【今回のポイント】
◇一筋縄では行かない親子関係
◇親も子もそれぞれの人生修行がある
◇最後はある程度の諦(あきら)めも必要
◇違いを楽しむ心境を

「親子は過去世で縁が深かった同士」「子供は親の所有物ではなく独立した魂」そんな「霊的真実」を知っていてもなお、一筋縄には行かないのが親子です。この世でのさまざまな人間模様にあたたかな眼差(まなざ)しを向けて、最後は“達観(たっかん)”に導く今回の「心の指針」。ぜひじっくり味わってください。ミニコーナー「On the Sofa」では、10月12日(金)日米同時公開となる、映画『宇宙の法―黎明編―』の魅力をお届けします!

YouTubeへのチャンネル登録もよろしくお願いします!
【「天使のモーニングコール」YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCqC_OHa03pvPgvWDd4EJYbg


2017/05/04回(2017/05/04)

子育て編

<Youtube限定番組>

0:00 ①未来を創る教育のチカラ

宗教的真理――愛や正義といった目に見えない価値に基づいて成功をつかんでいく子どもたちを育てるには? 努力精進の大切さや、勇気をもってチャンレンジし続ける起業家精神、人々を幸福に導く「高貴なる義務」など、理想の教育を考えます。

17:39 ②子どもの個性を伸ばすヒント

ひとくちに「子育て」と言っても、その方法には、コレといったものがあるわけではありません。子どもの数だけ、育て方が異なるため、日々、四苦八苦されていることと思います。だからこそ、子育ては、親にとって魂を磨く、尊い機会でもあるのです。書籍『じょうずな個性の伸ばし方』をひもときながら、子育てのヒントを学んでいきます。

37:42 ③いま、子どもたちに伝えたいこと

子どもたちの教育のあり方が、多様化しています。公立学校教育の質の低下が叫ばれる一方で、塾産業はますます発展し、多くの子どもたちは、「昼は学校、夜は塾」という、ダブルスクール型の生活をしています。子どもに教えたいことの指針として、努力すれば道は拓かれる、知は力なり、人間の心には自らの将来を決める力がある、積極的な考え方、そして「精神」についてお伝えします。