ジャンル | スピリチュアルなことに関心がある

ジャンル | スピリチュアルなことに関心がある

1691回(2024/2/24,25)

「偽物の自分」を発見し「本物の自分」に出会うには

心と呼ばれているものが、あなた自身の本質

【今回のポイント】
◇「本物の自分」を見つけたときに、あなたを取り巻く環境が変わる
◇自らが永遠の生命を持った霊的存在であるということを受け入れる
◇この世が地獄に近づいている-?!
◇「自分を大きく見せて、強く見せようとする心」が、国のレベルになると…

「偽物の自分」と聞いて皆さんはどんなことを思い浮かべますか?なかなかピンとこないかもしれませんね。でも「偽物の自分」を発見することは、これまでの人生観が一変し、取り巻く環境が大きく変わっていくことになるんです。今月発刊されたばかりの大川隆法総裁の書籍『真実を貫く』を中心に『偽物の自分』の見つけ方、『本物の自分』の出会い方を紹介いたします!

★紹介御法話:「真実を貫く」より抜粋(書籍『真実を貫く』第1章所収)


1689回(2024/2/10,11)

人はみな「人生計画」を立てて生まれてくる ~あなたの「人生の目的」は何ですか?~

自分は何のために生きているんだろう

【今回のポイント】
◇人はみな、生まれてくる前に自分の人生計画を立てている
◇「魂の経験を豊富にする」ために転生輪廻の計画は立てられている
◇あなたが今、この時代の日本に生まれた意味とは
◇人は何のために生きるのか~『小説 内面への道』朗読

「わたしたちはどこから来てどこへ行くのか」、「人間は何のために生きているのか」。人はみな様々な環境に身を置いて生きていますが、誰でも一度はこのような疑問にぶつかったことがあるのではないでしょうか。今回は、幸福の科学の霊的人生観から、自分が生まれてくる前に立てた「人生計画」や「人生の目的」について学びを深めていきます。番組後半には、自伝的小説「鏡川竜二シリーズ」の『小説 内面への道』の一節を朗読にて紹介します。お楽しみに♪

★紹介御法話:「多次元宇宙の秘密」より抜粋(書籍『大川隆法 初期重要講演集 ベストセレクション① 幸福の科学とは何か』第4章所収)


1687回(2024/1/27,28)

「言葉」が持つ霊的な力~人を幸福にする言葉、人を不幸にする言葉

言葉によって、人は幸・不幸を分けていく

【今回のポイント】
◇言葉というものは、まさしく人生の牽引車
◇言葉には、昔から言霊(ことだま)と言うように、霊力がある
◇仏の心にかなった言葉を出す
◇「正しく語る」ということの探究には終わりがない

特に悪気なく思ったことを口にして相手を傷つける、不平不満や愚痴などを言って周囲から嫌がられる、また逆に祝福の言葉によって相手から喜ばれる、励ましの言葉で勇気づけられた・・・というような経験はみなさんもあると思います。このように言葉とは、発する内容によって人を傷つけることもできれば、人を幸福にすることもできますよね。今回の放送では「言葉の霊的な力」について学びを深めつつ、自らの言葉を調律するためのヒントもお伝えします!番組後半では、『ありがとうの一言』(作詞・作曲:大川隆法総裁、歌:森成美)も紹介します。お楽しみに♪

★紹介御法話:「『真説・八正道』講義①」より抜粋(書籍『真説・八正道』第4章所収)


1686回(2024/1/20,21)

【人生相談】令和の若者の悩みに答える―職場の人間関係・親友との別れ

幸福の科学の支部長に聞く、悩み解決のヒント

【今回のポイント】
◇毎日のように人生相談を受ける幸福の科学の支部長
◇お悩み相談①職場の後輩が言うことを聞かずに困っています―。
◇お悩み相談②最近眠れない…親友との死別で心に穴が開いたから―?
◇選択の多様性ゆえに未来が見えず不安になるが、それは若さの持つ豊かさである

「天使のモーニングコール」では、幸福の科学で説かれる心の教え、仏法真理をもとに「人生における疑問・悩みを解決するためのヒント」を毎週様々な角度からお伝えしています。ただそうしたなかで、今まさに自分が抱えている悩みに対して、具体的にどう当てはめていけば良いのか、もう少し詳しく聞いてみたいという方も多いのではないかと思います。そこで、今回は、幸福の科学の支部長として、長年色々な方の人生の悩みと向き合って来られた、長野県・松本支部 蜂須豊支部長をゲストにお迎えして、なかでも若者の悩みを中心に、仏法真理に基づく悩みの解決方法を考えてみたいと思います!

★紹介御法話:「ヤング・ブッダを目指して」より抜粋(書籍『青春の原点』所収)

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今回の放送に収まらなかった3つのお悩みについても、YouTube限定で公開します。
↓1/22(月)朝7:00に公開予定です♪
https://youtu.be/BBfsV5s4nwU?feature=shared

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


1682回(2023/12/23,24)

闇夜を照らす、真実の太陽

―『太陽の法』が導く「新時代の常識」

【今回のポイント】
◇亀と漁師の話―今生きている世界をどれほど正しく認識しているか
◇「仏法真理」という名の太陽を照らし続けてきた仏の存在
◇私たち人間は、魂を磨くためにこの地上で肉体に宿り修行を積んでいる
◇現代文明が抱える闇の中に、太陽の光を照らすために著された『太陽の法』

人生をどう生きるかは、その人の人生観によって決まります。多くの人が正しい人生観に基づいて生きていれば、世界は幸福に満ちていきますが、間違ったものに染まると、多くの不幸を生むことになるでしょう…。争いや苦しみが絶えない現代社会。その背景には、現代で“常識”とされる人生観が間違っているのかもしれません。今回は、書籍『太陽の法』に基づき、世界の真実、正しい人生観について考えてみましょう。

★紹介御法話:「太陽の時代の到来を信じて」より抜粋(書籍『幸福の法』所収)

☆「天使のモーニングコール」では、来年1月に、皆さんのお悩み相談にお応えする放送を予定しています!今回は、学生・青年編として、主に若い方のお悩みを中心に募集しています。今まさに悩みのなかにある学生・青年の方、近くにそうしたお知り合いがおられる方。そのお悩み、ぜひ番組までお寄せください!

お悩み・メッセージはこちらから⇒https://tenshi-call.com/inquiry/