「悲しみ」の検索結果

「悲しみ」の検索結果

1489回(2020-04-12 09:00:48)

心の安らぎを取り戻す「祈り」のパワー

孤独や心の暗闇に光がのぞむ、祈りとは―。

【今回のポイント】
◇「祈り」は非常に大きな力を持っている
◇「エネルギーを充電するための祈り」とは
◇感謝を日々の言葉として生きてゆく
◇「恐怖心」の反対にあるものは「心の安らぎ」

世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。その影響で、これまで当たり前だと思っていたことが当たり前ではなくなり、「この先どうなってしまうんだろう」と不安を抱えている方も多いと思います。今回は、少しでもみなさんの苦しみや悲しみ、不安や恐怖が取り除かれ、心に光が灯りますようにと願いを込めてお送りします。ミニコーナーでは、タレントの永井兼介(ながい・けんすけ)さんが、滋賀県にある幸福の科学の精舎・琵琶湖正心館に赴(おもむ)き、レポートをしました。琵琶湖の湖面のような「心の平安」について館長にインタビューもしています!お楽しみに♪

YouTubeへのチャンネル登録もよろしくお願いします!
【「天使のモーニングコール」YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCqC_OHa03pvPgvWDd4EJYbg


1471回(2019-12-08 09:00:12)

心の指針「ヒーローの姿」

真なる英雄の条件とは

【今回のポイント】
◇ヒーローはいつも、深い悲しみの中にいる
◇理解してもらえない孤独のなかで、決断を下していく
◇求める真理は「涙の谷」の向こう側にある
◇映画『世界から希望が消えたなら』挿入歌「Immortal Hero」を初放送

今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」12月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば、心の指針「ヒーローの姿」。ヒーロー、それは物語のなかだけではなく、いつの時代にも存在するもの。ヒーローへの道を歩むとき、そこには、人知れず流す涙があると言います。今月の「心の指針」から、リーダーの孤独や、その使命について学んでいきましょう。

YouTubeへのチャンネル登録もよろしくお願いします!
【「天使のモーニングコール」YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCqC_OHa03pvPgvWDd4EJYbg


1415回(2018-11-11 09:00:44)

心と体を癒す、仏の光

ヒーリング・パワーの源泉とは

【今回のポイント】
◇人間の本質は「肉体」ではなく「魂」
◇私たち一人ひとりには「創造の力」が宿されている
◇健康を復活させるキーワード「反省」「感謝」「許し」
◇人生の中で出会う、苦しみや悲しみの意味とは

今回は、心身ともに健やかに生きていくためのヒントについてお伝えします。大きなケガや病気に見舞われたとき―。不安や恐怖心に心が支配されてしまうこともあるでしょう。そんなときはどうか、「仏の子」としての自分自身の本当の姿を、思い出してください。私達の魂の親である仏は、一人ひとりに、自らの力で病を癒し、健康を回復させるための力を宿してくださっています。その「ヒーリング・パワー」を発揮するためのポイントは、とてもシンプル。「心」と「肉体」の関係について、宗教的視点から学びを深めてみませんか?

YouTubeへのチャンネル登録もよろしくお願いします!
【「天使のモーニングコール」YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCqC_OHa03pvPgvWDd4EJYbg


1407回(2018-09-16 09:00:40)

始めよう!生涯現役人生

心身ともに健やかな長寿を目指して

【今回のポイント】
◇悲しみや苦しみは、「人格を練る」効用がある
◇いくつになっても人間には学ぶことがある
◇「人生百二十年計画」を立てよう
◇長寿を得るための秘訣

9月17日は「敬老の日」。長年、社会のために尽くして来られたご年配の方々をあらためて敬い、その長寿をお祝いする日です。陰になり日向(ひなた)になり、さまざまに支えてくださっている皆様、いつもほんとうにありがとうございます。今回「天使のモーニングコール」は、そんな皆様への感謝と、ますますの健康・ご活躍をお祈りしてお届けします。

YouTubeへのチャンネル登録もよろしくお願いします!
【「天使のモーニングコール」YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCqC_OHa03pvPgvWDd4EJYbg


1355回(2017-09-17 09:00:50)

心の指針「信仰を語る」

どんな時も、あなたを見守る存在がある

【今回のポイント】
◇この世での人生は、「試験」を受けているようなもの
◇苦しみや悲しみには必ず意味がある
◇信仰を持ったとき、はじめてその「意味」が見いだせる
◇神仏のあたたかな「まなざし」を感じながら生きてほしい

先週、先々週とダイジェストでお送りした、大川総裁による東京ドーム特別大講演会『人類の選択』。みなさん、どのように受け止められたでしょうか。番組をきっかけとして、神や信仰について考え始めた、という方もいらっしゃるかもしれません。今週お届けするのは、心の指針「信仰を語る」。大川総裁が、「信仰の対象」とされる立場から紡がれた詩編です。そこに込められた想いを、「信仰者」はどのように受け止めるのかー。幸福の科学の出家者、竜の口法子(たつのくち のりこ)さんにお話を伺いました。