放送一覧

放送一覧

1691回(2024/2/24,25)

「偽物の自分」を発見し「本物の自分」に出会うには

心と呼ばれているものが、あなた自身の本質

【今回のポイント】
◇「本物の自分」を見つけたときに、あなたを取り巻く環境が変わる
◇自らが永遠の生命を持った霊的存在であるということを受け入れる
◇この世が地獄に近づいている-?!
◇「自分を大きく見せて、強く見せようとする心」が、国のレベルになると…

「偽物の自分」と聞いて皆さんはどんなことを思い浮かべますか?なかなかピンとこないかもしれませんね。でも「偽物の自分」を発見することは、これまでの人生観が一変し、取り巻く環境が大きく変わっていくことになるんです。今月発刊されたばかりの大川隆法総裁の書籍『真実を貫く』を中心に『偽物の自分』の見つけ方、『本物の自分』の出会い方を紹介いたします!

★紹介御法話:「真実を貫く」より抜粋(書籍『真実を貫く』第1章所収)


1690回(2024/2/17,18)

人生を豊かにする「創造力」の磨き方

人間は、自分が思っている以上の力を持っている

【今回のポイント】
◇強い熱意がアイデアを引き寄せる
◇異次元パワーを引く際にも「原因・結果の法則」は働いている
◇「霊的な自己」を認識している割合が五十パーセントを超えると人生が変わってくる
◇最新刊『真実を貫く』についてご紹介!

人生の過程において全てが計画通りに行くことは少なく、特に最近は国内の景気や震災、国際情勢の変化等もあり、国全体としても停滞感・閉塞感が強くなっています。そうした状況下において、現状を変える鍵となるのが「創造力(Creativity)」です。仏法真理においては、この創造力は、全ての人に魂の性質として宿っており、それは努力によって誰もが磨くことができるとされています。今回はその「創造力」の秘密に迫り、未来への希望をお届けできればと思います。番組後半では、大川隆法総裁最新刊『真実を貫く』について、幸福の科学出版の富川浩行さんをゲストにトークをお届けします。お楽しみに♪

★紹介御法話:「繁栄思考」より抜粋(書籍『繁栄思考』第3章所収)


1689回(2024/2/10,11)

人はみな「人生計画」を立てて生まれてくる ~あなたの「人生の目的」は何ですか?~

自分は何のために生きているんだろう

【今回のポイント】
◇人はみな、生まれてくる前に自分の人生計画を立てている
◇「魂の経験を豊富にする」ために転生輪廻の計画は立てられている
◇あなたが今、この時代の日本に生まれた意味とは
◇人は何のために生きるのか~『小説 内面への道』朗読

「わたしたちはどこから来てどこへ行くのか」、「人間は何のために生きているのか」。人はみな様々な環境に身を置いて生きていますが、誰でも一度はこのような疑問にぶつかったことがあるのではないでしょうか。今回は、幸福の科学の霊的人生観から、自分が生まれてくる前に立てた「人生計画」や「人生の目的」について学びを深めていきます。番組後半には、自伝的小説「鏡川竜二シリーズ」の『小説 内面への道』の一節を朗読にて紹介します。お楽しみに♪

★紹介御法話:「多次元宇宙の秘密」より抜粋(書籍『大川隆法 初期重要講演集 ベストセレクション① 幸福の科学とは何か』第4章所収)


1688回(2024/2/3,4)

心の指針「人に違いがあるということ」

「人との違い」との”向き合い方”が、自分の未来を変えるー。

【今回のポイント】
◇他人と自分とを比べて苦しむことは数多くある
◇「平等」という言葉の”落とし穴”
◇他人との違いは自分を磨くための舞台装置
◇人生は自己発見の旅 ― 他人がいなければ、自分自身のことがまったく分からない

今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2024年2月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針「人に違いがあるということ」です。 人との違いは苦しみの原因になることも多いですが、よくよく考えてみると、個性・成長の可能性など、人との違いがあることによって生まれているものは、意外と数多くあるものです。詩篇の学びを通して、「人に違いがあること」との”向き合い方”を見つめ直してみましょう。自分の未来を変えていくためのヒントが見つかるはずです!番組後半では、『光り合う生命。』(作詞・作曲:大川隆法総裁、歌:篠原紗英)も紹介します。お楽しみに♪

★紹介御法話:「不幸であることをやめるには」より抜粋(書籍『幸福の法』第1章所収)


1687回(2024/1/27,28)

「言葉」が持つ霊的な力~人を幸福にする言葉、人を不幸にする言葉

言葉によって、人は幸・不幸を分けていく

【今回のポイント】
◇言葉というものは、まさしく人生の牽引車
◇言葉には、昔から言霊(ことだま)と言うように、霊力がある
◇仏の心にかなった言葉を出す
◇「正しく語る」ということの探究には終わりがない

特に悪気なく思ったことを口にして相手を傷つける、不平不満や愚痴などを言って周囲から嫌がられる、また逆に祝福の言葉によって相手から喜ばれる、励ましの言葉で勇気づけられた・・・というような経験はみなさんもあると思います。このように言葉とは、発する内容によって人を傷つけることもできれば、人を幸福にすることもできますよね。今回の放送では「言葉の霊的な力」について学びを深めつつ、自らの言葉を調律するためのヒントもお伝えします!番組後半では、『ありがとうの一言』(作詞・作曲:大川隆法総裁、歌:森成美)も紹介します。お楽しみに♪

★紹介御法話:「『真説・八正道』講義①」より抜粋(書籍『真説・八正道』第4章所収)


1686回(2024/1/20,21)

【人生相談】令和の若者の悩みに答える―職場の人間関係・親友との別れ

幸福の科学の支部長に聞く、悩み解決のヒント

【今回のポイント】
◇毎日のように人生相談を受ける幸福の科学の支部長
◇お悩み相談①職場の後輩が言うことを聞かずに困っています―。
◇お悩み相談②最近眠れない…親友との死別で心に穴が開いたから―?
◇選択の多様性ゆえに未来が見えず不安になるが、それは若さの持つ豊かさである

「天使のモーニングコール」では、幸福の科学で説かれる心の教え、仏法真理をもとに「人生における疑問・悩みを解決するためのヒント」を毎週様々な角度からお伝えしています。ただそうしたなかで、今まさに自分が抱えている悩みに対して、具体的にどう当てはめていけば良いのか、もう少し詳しく聞いてみたいという方も多いのではないかと思います。そこで、今回は、幸福の科学の支部長として、長年色々な方の人生の悩みと向き合って来られた、長野県・松本支部 蜂須豊支部長をゲストにお迎えして、なかでも若者の悩みを中心に、仏法真理に基づく悩みの解決方法を考えてみたいと思います!

★紹介御法話:「ヤング・ブッダを目指して」より抜粋(書籍『青春の原点』所収)

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今回の放送に収まらなかった3つのお悩みについても、YouTube限定で公開します。
↓1/22(月)朝7:00に公開予定です♪
https://youtu.be/BBfsV5s4nwU?feature=shared

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


1685回(2024/1/13,14)

「人生の大目標」が不確実な未来を切り開く

未来を信じつつ、今日も着実な一手を指す

【今回のポイント】
◇神仏の心に沿わない目標を排除しておく
◇『小説 永遠の京都』朗読 ― 主人公の鏡川竜二が自分の弱さに気づき、自らの志を見つめ直す姿
◇人生には竹が節をつくるように順境と逆境がある
◇「一日一生」―― 今日一日、何ができるか

毎年、「新年を機に目標を立てよう」と決意するものの、結局、いつも実現できずに一年が終わってしまうという人や、目標の達成自体を諦めてしまったという人は結構いらっしゃるのではないでしょうか。実際、ある企業の調査によると「新年に目標を立てた人のうち8割が未達成だった」という結果もあるそうです。目標を達成できない理由は人それぞれですが、仏法真理では、何を基準に人生の目標を立てるかが、成功を掴むうえで大切であることが説かれています。今回は、仏法真理を通して目標を立てて、未来を切り開くためのヒントをお伝えします!番組の中では、自伝的小説「鏡川竜二シリーズ」3作目の『永遠の京都』の朗読もあります♪お楽しみに!

★紹介御法話:「現代の武士道」より抜粋(書籍『現代の武士道』所収)


1684回(2024/1/6,7)

心の指針「痛みに耐える」

痛みの先に得られる幸福

【今回のポイント】
◇何かいつもとは違うことを始めると、人は痛みを感じる
◇継続の鍵となる「機能快」とはー。
◇痛みに耐えて、継続することで得られるもの
◇意志の力で続けていると、習慣の力がついてくる

今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2024年1月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針「痛みに耐える」です。 新しいことを始めるとき、最初は努力感・筋肉痛などの“痛み”を伴うもので、それによって続かなくなることもしばしば...。しかし、その痛みに耐えて努力を継続していると、やがて「痛みが爽快感へと変わる瞬間が来る」と言われています。痛みに耐えた先にある「幸福」とは何か、詩編から学んでいきましょう。1年の始めに、新たな習慣作りを始める後押しとなれば幸いです!番組後半には、楽曲「君の瞳は輝いてー戦闘バージョン」(作詞作曲・大川隆法、歌・篠原紗英)もお届けします♪

★紹介御法話:「天意を正しく受け取る法」質疑応答より抜粋(書籍『人格力』所収)


1683回(2023/12/30,31)

世界の平和と繁栄のために必要な「自由・民主・信仰」の価値観

2024年、私たちが持つべき価値観や心構え

【今回のポイント】

◇国際情勢でいくつも大きな出来事が起こった2023年
◇世界中で選挙が行われる年 ― 起こりうるシナリオ
◇なぜ物価高が続くのか―どうすれば日本経済はよくなるのか―?
◇2024年、私たち日本人にとって必要な考え方とは

イスラエルとハマスの紛争、収束の兆しが見えないロシア・ウクライナ戦争、北朝鮮ミサイルの沖縄上空通過など、世界情勢に大きな影響を与える出来事がいくつも起きた2023年。年々、多くの国を巻き込んだ紛争や戦争、国際社会の分断、野放しにされる自由、唯物論思想の蔓延など、世界的に価値観が大きく揺らいでいます。2024年は台湾総統選、ロシア大統領選、アメリカ大統領選など世界約70カ国で選挙が行われ、世界が大きく動く年でもありますが、世界は今後どうなるのでしょうか。不確定な時代、私たちに必要な価値観とはー。今回は、インターネット報道番組「ザ・ファクト」コメンテーターで幸福実現党政調会長の里村英一さんをゲストにお話を伺います!お楽しみに!

★紹介御法話:「救世主からのメッセージ」より抜粋(書籍『地獄の法』所収)

インターネット報道番組「ザ・ファクト」のYouTubeはこちらから!↓
https://www.youtube.com/user/theFACTtvChannel


1682回(2023/12/23,24)

闇夜を照らす、真実の太陽

―『太陽の法』が導く「新時代の常識」

【今回のポイント】
◇亀と漁師の話―今生きている世界をどれほど正しく認識しているか
◇「仏法真理」という名の太陽を照らし続けてきた仏の存在
◇私たち人間は、魂を磨くためにこの地上で肉体に宿り修行を積んでいる
◇現代文明が抱える闇の中に、太陽の光を照らすために著された『太陽の法』

人生をどう生きるかは、その人の人生観によって決まります。多くの人が正しい人生観に基づいて生きていれば、世界は幸福に満ちていきますが、間違ったものに染まると、多くの不幸を生むことになるでしょう…。争いや苦しみが絶えない現代社会。その背景には、現代で“常識”とされる人生観が間違っているのかもしれません。今回は、書籍『太陽の法』に基づき、世界の真実、正しい人生観について考えてみましょう。

★紹介御法話:「太陽の時代の到来を信じて」より抜粋(書籍『幸福の法』所収)

☆「天使のモーニングコール」では、来年1月に、皆さんのお悩み相談にお応えする放送を予定しています!今回は、学生・青年編として、主に若い方のお悩みを中心に募集しています。今まさに悩みのなかにある学生・青年の方、近くにそうしたお知り合いがおられる方。そのお悩み、ぜひ番組までお寄せください!

お悩み・メッセージはこちらから⇒https://tenshi-call.com/inquiry/


1681回(2023/12/16,17)

思いの持ち方ひとつで人間関係は円満になる

人間関係の不調和をなんとかしたい人へ

【今回のポイント】

◇相手を変えなくても人間関係を向上させることができる
◇「いろいろな見方がある」と知り、寛容さや包容力を持つ
◇人間関係を良くする「祝福の心」
◇すべての人間の魂は「生命の大樹」につながっている

今年も残すところ半月ですね。「人の悩みの9割は人間関係」と20世紀の心理学者アドラーが言ったように、人間関係の不調和に悩む方は多くいらっしゃると思います。今回は、そんな悩み解決の一助として、円満な人間関係を築くための仏法真理をお届けします!番組後半には『二十二世紀の君』(作詞・作曲:大川隆法総裁、歌:大澤美也子)も紹介します♪

★紹介御法話:「真実の人生を生き切れ」より抜粋(書籍『勇気の法』所収)


1680回(2023/12/9,10)

人を不幸にする悪魔の実態【『地獄の法』第4章特集】

悪への理解を深め、その対極にある正しさを知る

【今回のポイント】

◇「悪魔」は、地上に生きる人間に影響を与えている
◇地獄の悪魔はどのようにして生まれたか
◇「目的」「動機」「手段」「過程」「結果」の正しさが問われる
◇悪魔との戦いには「この世的な常識」と「縁起の理法」が必要

日本では悪魔が実在すると信じる人は少数かもしれませんが、悪魔の存在について言及する宗教は数多くあります。悪魔は、世界で起きる悲惨な問題の背景にある「悪」と関わり、私たちの人生に不幸をもたらします。そして、その実態を知ると、そうした問題がなぜ起き続けるのかを、深く理解できるようになります。今回は『地獄の法』第4章「悪魔との戦い」を紐解きながら、確かに実在する「悪魔」への理解を深めていただければ幸いです。番組後半には楽曲「苦しみと信仰」(作詞作曲・大川隆法、歌・篠原紗英)も紹介します♪

★紹介御法話:「悪魔との戦い」より抜粋(書籍『地獄の法』所収)


1679回(2023/12/2,3)

心の指針「性の抑圧」

その「愛」は「異性愛」よりも「人類愛」の方が先にあった

【今回のポイント】
◇大川総裁の少年時代の「異性観」とは―。
◇過去世から貫かれている大川総裁の「使命感」
◇鏡川竜二が『狭き門』を読んだときの心境―自伝的小説『若竹の時代』朗読紹介
◇人に尽くす愛と徳、そして自分の命まで懸ける救世主の姿

今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2023年12月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針「性の抑圧」です。大川総裁の少年時代の「情欲との闘い」と「聖なる愛」、過去世における「家族への愛」・・・。詩篇を通して、この世に生まれた救世主が人類に与えた愛とその生き方について知っていただければと思います。番組の中では、詩篇を深めるにあたり自伝的小説『若竹の時代』の一部も朗読にて紹介します。お楽しみに!

★紹介御法話:「メシアの愛」より抜粋(書籍『メシアの法』所収)


1678回(2023/11/25,26)

壁を破る力 ― 厳しい現状を打破する秘策

努力してもうまくいかず、何とかできないかと悩む方へ

【今回のポイント】
◇「否定的な考え方」を持っているとあらゆる試みが“壁”に見える
◇壁を破る「マーケティング」と「イノベーション」の力
◇「志が内から出てくる」ということ自体が才能
◇ミニコーナー「True Words in Life ― 暮らしのなかの仏法真理」もお届け!

目標や志を明確に持っていても、それが実現するまでには様々な課題を乗り越える必要がありますよね。その過程のなかでは思わぬ壁が現われ、行き詰まることも少なくありません。厳しい情勢も続くなか、今回はそうした悩みと向き合う方に向けて、『智慧の法』第3章「壁を破る力」で説かれた指針をお届けします!厳しい現状を打破し、目標達成・理想実現へと向かう後押しができれば幸いです。番組後半には、ミニコーナー「True Words in Life ― 暮らしのなかの仏法真理」もあります!静岡県でつけ麺・ラーメンのお店「7福神」を経営されている内藤雅広さんのお声をお届けします♪

★紹介御法話:「壁を破る力」より抜粋(書籍『智慧の法』所収)


1677回(2023/11/18,19)

世界に広がる幸福の科学の仏法真理【アフリカ・ウガンダ編】

~幸福の科学アフリカ本部長・諸岡由憲さんに訊く~

【今回のポイント】
◇大川総裁がウガンダ巡錫で説いた「真なる奇跡」を現地の人はどう受け取ったのか
◇ウガンダの方々は幸福の科学の教えでどう変わっていったのか
◇今後、アフリカの幸福の科学が果たす役割・使命について
◇主なる神の愛の流れは一度も止まったことはない

世界を見渡すと今、価値観の違いをめぐり各地で紛争が起きており、世界を一つにする宗教の教えの必要性が高まっています。長らく内戦が続いていたウガンダでは、大川総裁の教えを信じることによって「自分の心が変わる」という奇跡を体験する人々が増えているといいます。今回は幸福の科学アフリカ本部長・諸岡由憲(もろおか・よしのり)さんをゲストに迎え、幸福の科学の教えがウガンダを中心にアフリカでどのように広がっているのか、お話を伺っていきます。番組後半には、楽曲『主なる神を讃える歌―Renewal Ver.』(作詞・作曲:大川隆法、歌:日比野景)を紹介します。お楽しみに♪

★紹介御法話:「メシアの愛」より抜粋(書籍『メシアの法』所収)


1676回(2023/11/11,12)

自分を変える“修行”の仕方

戒・定・慧で、人生は豊かになる

【今回のポイント】
◇基本的な修行法 ―「戒・定・慧」の「三学」
◇死後あの世に持って還れるものは「心」であり、その中の「智慧」が大事
◇この世の知識を超えた「人類普遍の真理」を得る
◇『小説 竹の子の時代』から冒頭の書き出し部分を朗読にてご紹介!

先日、リスナーの方から「どうすれば仏法真理が身につき、成長できますか」というメッセージをいただきました。いいことを聞いたなぁと思っても自分のものにして成長につなげることって簡単ではないですよね。今回は、番組でもお届けしてる仏法真理を自分の成長につなげるための「修行の方法」について、お伝えいたします!番組後半には、『小説 竹の子の時代』から冒頭の書き出し部分を朗読にてご紹介します。お楽しみに♪

★紹介御法話:「智慧の挑戦」より抜粋(書籍『智慧の法』所収)


1675回(2023/11/4,5)

心の指針「初恋」

ロシア文学・トゥルゲーネフの小説『初恋』を読んで―。

【今回のポイント】
◇私たちは、悩みや苦しみが入り混じった世界を生きている
◇大川総裁も自らの若き日の葛藤や苦悩を詩などで表し、心の修行の軌跡を示している
◇仏法真理とは、この世を生きていく中でどう生きるべきなのかを示す指針
◇「何を捨てるか」― 執着を捨てることによって、幸福になれる

今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2023年11月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針「初恋」です。大川隆法総裁が十代のころに読んだロシア文学・トゥルゲーネフの小説『初恋』を、50年近く経って読み直したときの思いが綴られた詩篇です。人間が持つ欲望や煩悩、そして人間を暖かく見守る創造主の愛について思いを馳せます。番組の中では、楽曲『愛ふたたび』(作詞・作曲:大川隆法総裁、歌:川村静香)をお送りします。お楽しみに♪

★紹介御法話:「運命を逆転させる法」より抜粋(書籍『奇跡の法』所収)


1674回(2023/10/28,29)

未来を創る「信仰」の力

信仰を持って生きることの魅力

【今回のポイント】
◇「信じる」という行為によって「新しい世界観」を獲得できる
◇創造主と同じ性質が宿っていると信じることで、輝いた自分を発見できる
◇心を変えれば、環境は変わり、人は変わり、未来は変わっていく―その根本にあるのが信仰の力
◇ミニコーナー「True Words in Life ― 暮らしのなかの仏法真理」もお届け!

「宗教」や「信仰」という言葉を聞くと、みなさんはどんな印象をお持ちになるでしょうか。人生において「宗教」や「信仰」の必要性や魅力を感じていない日本人は多いかもしれませんね。しかし、神様を信じるということは、未来を明るく積極的なものに変えていく力になるんです。今回は、幸福の科学で説かれる「信仰を持つこと」の魅力や価値について様々な角度からお伝えしていきます。番組の後半では、楽曲「ウィズ・セイビア—Renewal ver.」(作詞作曲・大川隆法、歌・恍多)をお送りします♪また、ミニコーナー「True Words in Life ― 暮らしのなかの仏法真理」もお届けします!幸福の科学が運営する高等宗教研究機関ハッピー・サイエンス・ユニバーシティの学生が制作している学生新聞「天使の梯子」の編集長・木村琴葉さんにお話を伺いました。お楽しみに♪

★紹介御法話:「勝利への道」より抜粋(書籍『未来の法』所収)

高等宗教研究機関ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ↓

https://happy-science.university/


1673回(2023/10/21,22)

仏法真理で不況に打ち克つ!

逆境の中でも仕事で成果を上げるには

【今回のポイント】
◇「不況に打ち克つ社員学」― 熱意を伴う勤勉さを大事にする
◇勤勉さのもとにあるものは、「世の中を少しでもよくしたい」という思い
◇「有能な人間」ではなく「有用な人間」になること
◇成功していくためには、「信仰心の増強」が大事

円安や物価高…私たちの生活にも直撃する経済情勢。仕事の成果にも影響が出ているという人もいるでしょうか。今年に入ってからは「円安倒産」「物価高倒産」の企業の数も増えているそうです。「自分の会社も倒産するのでは…」「不況ばかりは、自分の力ではどうしようもない」と仕事に関して悩みをお持ちの方もいると思います。今回は、大川隆法総裁が説かれる数多くの仕事論に関する教えの中から、不況に打ち克つためのヒントをお伝えします!番組の後半では、楽曲『小さな風景』(作詞・作曲:大川隆法総裁、歌:恍多)をお送りします♪

★紹介御法話:「幸福の科学的仕事法」より抜粋(書籍『不況に打ち克つ仕事法』所収)


1672回(2023/10/14,15)

愛が伝わらないとき、思い出してほしいこと

―奥深い「与える愛」の世界

【今回のポイント】
◇愛を与えているつもりが、うまく相手に伝わらないもどかしさを感じている方へ
◇知に裏付けをされた愛は、世のすべてを生かしめ、はぐくみ、発展させていく愛
◇感謝されずとも人々を救い続ける、神や天使の姿
◇メシアの愛 ― その愛の流れは一度も止まったことはない

幸福の科学では、愛の教えについて「愛とは奪うものではなく、見返りを求めずに与えるもの」と説かれていますが、実際に他の人に愛を与えようとしたとき、それがうまく伝わらないことってありますよね。愛を与えることがもどかしさや苦しみにつながることも少なくありません。今回は、そうした愛の悩みと向き合っていきたいと思います。番組の後半では、楽曲『愛の星』(作詞・作曲:大川隆法総裁、歌:恍多)をお送りします♪

★紹介御法話:「メシアの愛」より抜粋(書籍『メシアの法』所収)