「出家者」の検索結果

「出家者」の検索結果

1469回(2019-11-24 09:00:02)

仏法真理を学び、実践する喜び

出家者が語る、真理への確信

【今回のポイント】
大川隆法総裁の説法3000回突破への感謝
◇人生の挫折から仏法真理によって救いの光を見つけた、齋藤館長のエピソード
◇「幸福の科学の教え」と「過去の宗教の教え」の違いとは?
◇「宇宙」の教えを知ることで「地球」の尊さを理解できる

11月23日は幸福の科学 大川隆法総裁が初めて仏法真理を説かれた日です。それから33年。今年の9月には説法回数が3000回、今月には著作が2600書を突破。
今や日本のみならず、世界中に広がる仏法真理の教え。「大川総裁の説法一つで、人生をやり直すことができた。それが仏法真理の大きな力。」と語るのは、幸福の科学の出家者・齋藤秀蔵(さいとうしゅうぞう)さん。今回、齋藤さんをゲストとしてお迎えし、「仏法真理を学び実践することの意味」を語っていただきました。ぜひ、お聴きください。

YouTubeへのチャンネル登録もよろしくお願いします!
【「天使のモーニングコール」YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCqC_OHa03pvPgvWDd4EJYbg


1462回(2019-10-06 09:00:01)

宗教家として、神様のために、演技をしたい。-映画『世界から希望が消えたなら。』総合プロデューサー兼主演に訊く―

目に見えないものを伝える、本当の演技―。

【今回のポイント】
◇心の指針「たとえ世界から希望が消えたとしても…」朗読
◇現役の宗教家が演技をすることが“隠し味”
◇「このままでは死ねない」…復活への決意を歌った主題歌「新復活」
◇「死」を間近に体験することで「一日一生」や「不惜身命」という言葉を身に染みて感じる

2019年10月18日(金)から全国公開となる映画「世界から希望が消えたなら。」。世界各国の映画祭で数多くの賞を受賞しています。今回は、本作で総合プロデューサーと主演を務めた竹内久顕さんにお話を伺いました。宗教家として初の演技に挑んだ感想、大川隆法総裁の実体験を元に製作されたいう、この映画に込められたメッセージとはー?また、映画の内容とも関連する月刊「幸福の科学」10月号掲載の心の指針も紹介します。お楽しみに!

YouTubeへのチャンネル登録もよろしくお願いします!
【「天使のモーニングコール」YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCqC_OHa03pvPgvWDd4EJYbg


1355回(2017-09-17 09:00:50)

心の指針「信仰を語る」

どんな時も、あなたを見守る存在がある

【今回のポイント】
◇この世での人生は、「試験」を受けているようなもの
◇苦しみや悲しみには必ず意味がある
◇信仰を持ったとき、はじめてその「意味」が見いだせる
◇神仏のあたたかな「まなざし」を感じながら生きてほしい

先週、先々週とダイジェストでお送りした、大川総裁による東京ドーム特別大講演会『人類の選択』。みなさん、どのように受け止められたでしょうか。番組をきっかけとして、神や信仰について考え始めた、という方もいらっしゃるかもしれません。今週お届けするのは、心の指針「信仰を語る」。大川総裁が、「信仰の対象」とされる立場から紡がれた詩編です。そこに込められた想いを、「信仰者」はどのように受け止めるのかー。幸福の科学の出家者、竜の口法子(たつのくち のりこ)さんにお話を伺いました。


1351回(2017-08-20 09:00:10)

心の湖面を見つめよう~日光精舎で悟りへの一歩を~

心の波立ちを鎮める、宗教修行のすすめ

【今回のポイント】
◇「悟り」の入り口は、「正しさ」を知ること
◇「聖黙(しょうもく)」をすることで、自分の心を深く見つめられる
◇中畑館長が信仰を持つきっかけとなったエピソード
◇悟りへの道は厳しいが、仏はあたたかな眼差しで見守ってくれている

今日は、幸福の科学の総本山の一つ、日光精舎での取材の様子をお届けします。日光精舎は「悟りの根本道場」とも呼ばれる場所。そこで日々、出家者として修行を重ね、来館者の研修などを行っている中畑正明館長にお話を伺いました。すべての人に、「悟り」に到るための道が開かれています。自らの「心の湖面」を深く見つめることで得られる幸福、その秘訣を教えていただきました。自然豊かな境内地で収録した、川のせせらぎ、虫の鳴き声、鳥のさえずりの音も、お楽しみください。神秘的な日光の地へ旅しているような気持ちに、きっとなれると思います(*^-^*)


1350回(2017-08-13 09:00:22)

天国に導く供養の心得~幸福の科学・来世幸福園の光~

「死の専門家」が語る、本当の魂の救済とは

【今回のポイント】
◇津田館長が供養の際に大切にしている、「3つの想い」
◇故人の魂の存在を確信したエピソード
◇幸福の科学の葬儀が「爽やか」「明るい」と言われる理由
◇多くの人に、死後天国に還れる生き方をしてほしい

地域によってはお盆の時期。供養の意味や、亡くなった方の魂の存在、あの世の世界・・・。そんなことに、想いを馳せている方も多いのではないでしょうか。今日は、幸福の科学の霊園「来世幸福園」での取材の様子をお届けします。日々、葬儀や法要を行う出家者が語る、「個人を天国へ導く供養」の在り方とは?番組にも何度か出演いただいたことのある、那須精舎館長・津田博樹さんにお話を伺いました。