「扉」の検索結果

「扉」の検索結果

1589回(2022/3/12,13)

運命は「次の扉」を必ず用意してくれている

今の、その人生が、あなたにとって最善のコース。

【今回のポイント】

◇一つの扉が閉まれば、また別の扉が開く

◇河原に落ちたダイヤモンドは必ず人の目につく

◇永遠の生命として、いかに自分は生きるべきか

◇法話「苦しみの世界」の一部を紹介

3月も半ば。新年度の準備をしている人もいらっしゃるでしょうか。自分の目標としていた環境に行きます!という人もいれば、逆に試験や競争に敗れたり、人事の采配であったりで、自分が望んだような環境でないところに行くことになった…という人もいるでしょうか。今日は、「なんでこんな環境にいるのだろうか…」と悩んでいる方に向けて、この放送回をお届けしたいと思います。番組の始めには、この季節にぴったりの「スプリング・ハズ・カム」(作詞・作曲:大川隆法 歌:小原ゆかり)もお届けします♪おたのしみに!


1420回(2018-12-16 09:00:25)

人類のルーツに目覚め、愛に生きる~『青銅の法』発刊特集(2)~

青銅の扉を押し開けた先に、見える世界とは

【今回のポイント】
『青銅の法』第1章~第5章に説かれる内容について
◇「宗教対立」を克服するための鍵は「宇宙」
◇雲の上に突き出た太陽のような信仰を
HSU(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)の最新情報

先週に引き続き、今月発刊となった大川隆法総裁の「法シリーズ」最新刊、『青銅の法』の魅力をたっぷりお伝えします。今回は、幸福の科学が運営する高等宗教研究機関HSU(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)人間幸福学部プロフェッサーの金子一之さんにスタジオにお越しいただきました。まるで授業のような『青銅の法』ポイント解説!「宗教対立」を解決する鍵について、「愛の本質」についてなど、書籍の大切なエッセンスを学びます。ミニ・コーナーでは、HSUの最新情報をお伝えします!

YouTubeへのチャンネル登録もよろしくお願いします!
【「天使のモーニングコール」YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCqC_OHa03pvPgvWDd4EJYbg


1419回(2018-12-09 09:00:19)

この扉の向こうに、全ての答えがある~『青銅の法』発刊特集(1)~

この扉の向こうに、全ての答えがある

【今回のポイント】
・「法シリーズ」は「人類の方針書」であり、「時代のトレンド」を示す書籍。
・前作『信仰の法』に寄せられた読者の反響
『青銅の法』というタイトルの意味について
・「全ての人にこの扉を押し開けてほしい」という、地球神のメッセージとは

毎年この時期に発刊となる「法シリーズ」は、その年に日本や世界の人々が知るべき重要な内容が示された書籍です。そんな2019年 法シリーズのタイトルは『青銅の法』。今回は、幸福の科学出版社長 佐藤直史さんをスタジオにお招きし、『青銅の法』というタイトルに込められた意味、全世界の人々に届けたい「地球神の想い」について、熱く語っていただきました。番組後半のミニ・コーナーでは、千眼美子さんのセカンド・シングル「夢の時間」を紹介!次回出演作映画の情報もお伝えします。

YouTubeへのチャンネル登録もよろしくお願いします!
【「天使のモーニングコール」YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCqC_OHa03pvPgvWDd4EJYbg


1251回(2015-09-20 09:00:36)

宇宙への扉を開こう!~書籍『THE CONTACT』特集~

「未知」の先に、「未来」が見える!

今月は心の指針「宇宙への架橋」から始まり、来月には幸福の科学の新作映画「UFO学園の秘密」も公開、ということで、ミニ・コーナーも「宇宙への誘い」をテーマに、お送りしています。「宇宙」と聞くと、なんだか夢のような、遠い世界の話。「UFO」や、まして「宇宙人」なんて言葉には、ちょっと怖いなとか非科学的で信じられない、といった感想を持たれる方もいるかもしれませんね。宇宙の話を聞くとワクワクする、という方はもちろん、人々を幸福へ導く仏の教え、仏法真理で、なぜ「宇宙」にまつわることが説かれるの?という疑問を持つ方にも、ぜひ聴いていただきたいと思います。

1215回(2015-01-11 09:00:15)

あなたを変える、「異次元発想法」

成功を願う気持ちを応援します。

『智慧の法』第4章「異次元発想法」のサブタイトルは、「『この世を超えた発想』を得るには――」。「宗教的観点から説かれる発想法って、どんな発想法?」そんな疑問にお答えします。ある方にとっては、今年一年、ますます智慧に磨きをかけていくきっかけに。またある方にとっては、自分自身の、これまで開いていなかった新しい扉を開くきっかけになるかもしれません。ぜひ、そんな期待を胸にお聴きください――。