放送一覧

放送一覧

2019/11/22回(2019/11/22)

『鋼鉄の法』セレクション

<YouTube限定番組>

0:00 ①大川隆法講演会「人生に自信を持て」特集 (1454回 2019/8/10・11)

救世主が説く、未来への指針

【今回のポイント】

◇情熱があれば、なんだってできる!

◇現代人に足りないものを1つだけ挙げるなら…

◇自信と信念をもってやり抜く姿勢が、周りを変える

◇世界に「正義」や「繁栄」を発信できる日本へ

2019年7月5日に福岡で開催された幸福の科学の二大祭典の一つ、御生誕祭。そこで行われた大川隆法総裁の講演「人生に自信を持て」の模様をダイジェストでお送りします。私たち一人ひとり、そして日本の未来にとって、今、一番大切なもの、必要とされるものとは何か?その指針が明確に説かれました。心の内にふつふつと、情熱と希望が湧いてくる内容です。ぜひお聴きください!


2019/11/02回(2019/11/02)

信仰に生きる美しさ

<YouTube限定番組>

0:00 ① 心の指針「信仰と人間」 (1257回 2015/10/31・11/1)

「信仰」が、私たちに与えてくれるものとは 番組では、私たちが人生を力強く、幸福に生きるための神仏の教え、「仏法真理」を毎週お伝えしていますが、今月の心の指針は、神仏の存在や、その教えを信じる、ということが、なぜ私たち人間にとって大切なのか、番組を制作している者として、改めて真剣に考えるきっかけとなりました。みなさんの心には、「信仰」という言葉はどのように響くでしょうか……?一緒に、心の指針を読み解きながら、神仏の想いを感じていきたいと思います。

----------------------------------

17:56 ② 信じる心が開く世界 (1210回 2014/12/6・7)

「信じる」行為の可能性 改めて、「宗教とはどういうものか」に迫るテーマでお送りしているシリーズ、第3週は、私たち一人一人にとって、「目で見ることも、聴くことも、触れることもできないものを“信じる”」という行為がどんな意味を持つのかを掘り下げながら、「信じる」という行為が持っている、その可能性を明かします。

----------------------------------

37:40 ③ 心の指針「信仰を立てる」(1205回 2014/11/1・2)

「信仰」の、本来あるべき姿とは 月刊「幸福の科学」に連載されている、大川総裁書下ろしの詩編「心の指針」。今月は、「信仰」について説かれています。神仏への信仰を持つことの、本当の意味と功徳について、詩編を読み解きながら、お伝えしていきます。


2019/11/02回(2019/11/02)

「成果を出す人」になりたい、あなたへ

<YouTube限定番組>

0:00 ①できる社員の仕事術 (1333回 2017/04/15・6)

新社会人に贈る、今日から実践できる仕事術!

この春、社会人になったというみなさん、職場には慣れてきたでしょうか?「学生時代とはだいぶ違った雰囲気に、ちょっと戸惑っている」という人もいらっしゃるかもしれませんね。そんなみなさんが、これからバリバリ仕事をして、社会の役に立っていくために必要な仕事術を、一緒に学んでいきます。

----------------------------

18:30 ②心の指針「成果を求める」 (1070回 2012/03/31・4/1)

「仕事ごっこ」からの脱皮

努力主義も大切ですが、成果を求める、という心がなければ、その人は、人の上に立てないし、また、立つべきではありません。「心」や「精神」、「努力」といった、目には見えない価値を大切にする人の中には、物事の「成果」に対して弱い人も多いようです。成果を求めることの大切さを学びます。

----------------------------

38:17 ③仕事能力を高める禅定のチカラ (1332回 2017/04/8・9)

ゲスト:幸福の科学新宿精舎

杉浦満春館長 新年度が始まって街に出ると、新しいスーツに身を包んだ方々の姿がとっても眩しく感じられます。この季節になると、「心機一転、もう一段、自分を成長させよう」と思われる方も多いのではないでしょうか。今回の番組では、仕事能力を高める秘訣について、幸福の科学新宿精舎 杉浦満春館長にお話を伺っていきます。


2019/11/02回(2019/11/02)

ストレスに強くなる、心の鍛錬法

<YouTube限定番組>

0:00 ①心の指針「柔和忍辱の心」 (1436回 2019/4/6・7)

本当の「強さ」を身に付けたい、あなたへ

【今回のポイント】

◇人間として培(つちか)うべき真の「賢さ」とは

◇努力しているのに、人がついて来ないのはなぜ?

◇学ぶほど人に優しく、謙虚になることで、徳が培われる

◇「耐える力」が、あなたを成長させる

2019年4月号の月刊「幸福の科学」に掲載されている、大川隆法総裁の詩編、心の指針「柔和忍辱(にゅうわにんにく)の心」をご紹介します。

勉強し知恵を身に付けるほど、認識が高くなり、人の粗(あら)が見えてしまうもの。けれど、人を裁いたり見下したりしてしまう傾向を抑え、柔和でいることが大切です。「柔和忍辱の心を持つ」ということは、あなたが弱くなるということではなく、本当の意味で強くなるということ。ぜひ、人生をよりよく生きるヒントを「心の指針」から学んでください。


2019/11/02回(2019/11/02)

プチうつ気味なあなたに、癒しと、エネルギーを

<YouTube限定番組>

0:00 ①心が疲れたときには(1173回 2014.03.22,23)

今、「救い」や「癒し」を求めている人へ

頑張っても、耐え忍んでも、状況がよくならなくて、気力が尽きてしまいそう――。そんな時は、「祈り」の時を持ってみてください。祈りは決して気休めではなく、必ず、誰かの元に届いているといいます。祈りの持つ力を、ぜひ知ってください。

----------------------------

17:30 ②心を癒す、感謝の時間 (1220回 2015.02.14,15)

心に潤いや癒しを求めているあなたへ

「最近、なんだかパッとしない」「心が乾いている感じがする」「思い通りにならないことばっかりで、正直疲れた」――そんな風に思うこと、ありませんか?瞑想するように思いを馳せる時間をとりながら、幸福な気持ちを取り戻してみませんか?