※プレイヤーが再生できない場合はこちらから聴くことができます

愛の起源、その本質とは

【今回のポイント】
◇今はまだ、「無名の光の天使、菩薩たち」がたくさん眠っている。
◇その人がいかなる存在であるかは、生まれによってではなく行為によって判断される。
◇この世界のすべてのものは「霊的存在」でできており、その本質は「神の愛」。
◇「生かされている」ことを知ったとき、感謝、報恩の心が出てくる。

今週と来週、2週にわたってお送りするのは、昨年12月、幸福の科学の二大祭典である「エル・カンターレ祭」で説かれた大川隆法総裁による法話「愛を広げる力」。現代は、過去に起きた宗教では解決できない、様々な問題が複雑に発生しています。混沌とした時代だからこそ、今、人類を導く「地球神の教え」が説かれています。一人ひとりの人生を輝かせ、人類を一つにするためのキーワードは「愛」。愛について、世の多くの人々が誤解していること、本当の愛とは何かが語られました。皆さんの心にも、きっと「天使としての目覚め」が与えられることと思います。

カテゴリ
: 人生の目的と使命
©2018 Happy Science