※プレイヤーが再生できない場合はこちらから聴くことができます

私たちを教え導く、救世主の愛

今週お送りするのは毎月恒例の「心の指針」。月刊「幸福の科学」に連載されている、大川隆法総裁書下ろしの詩編です。今月のタイトルは、「愛と追憶の中で」。ロマンティックで、せつなさも感じられる言葉です。みなさんは、「愛」という言葉から、何を感じるでしょうか……?幸福の科学の仏法真理で説かれる「愛の教え」をご紹介しながら、番組をお送りします。

カテゴリ
: 心の指針

感想の声

Sさん・40代・女性

毎週聞いて感動しています。私はクリスチャンですが、これからの世の中における宗教の重要性を、日々感じています。今後とも、素晴らしいメッセージを期待しています。

Yさん・50代・男性

いつも心に残る、素晴らしい放送をありがとうございます!

Nさん・男性

今週も放送ありがとうございました。じんわりと胸に響くものがありました。特に、「過去」というものに執着している時間は、神仏を信じる時間にそっくりそのまま振り替えていくことを志します。

Mさん・50代・男性

私にとって、愛は大きな苦しみでしかなかったように思います。しかし、それは奪う愛に生きていたからだと反省しています。一握りの愛を、忍耐と努力でもって、隣人に分け与えたいと思います。

Sさん・女性

「心の指針」を初めて聴きました。ごくごく当たり前のことを仰っていると思っていたのですが、改めて「ハッ」とする部分が多く、とても新鮮でした。今後も続けて聴こうと思っています。

©2018 Happy Science