今、「救い」や「癒し」を求めている人へ

頑張っても、耐え忍んでも、状況がよくならなくて、気力が尽きてしまいそう――。そんな時は、「祈り」の時を持ってみてください。祈りは決して気休めではなく、必ず、誰かの元に届いているといいます。祈りの持つ力を、ぜひ知ってください。

カテゴリ
: 自己変革, 逆境

感想の声

C.Kさん・50代・女性

今日も一日を「天使のモーニングコール」から始められることに感謝しております。そして、祈りは本当に天使達につながっていて、応援して下さっていることに感謝しております。この事をお教え頂き、諦めることが少なくなりました。何事も、精一杯努力した結果だからと、おまかせの気持ちになります。 転職や部署異動をした私は、失敗や迷惑をかける事が多い仕事ぶりですが、皆さんに助けて頂いていることに感謝しています。しっかり覚えて、早くミスのない、感謝して頂ける仕事ができるようになりたいです。

N.Kさん・男性

今週も放送ありがとうございました。 ともすれば私達は、深海のような悲しみの底を、這いずり回っていることが多いような気がします。深海には上からの光は届きません。それならば、自らの力で底をぶち割ってしまうしかありません。ぶち割る力が足りないときには、神様、仏様、天使様のお力添え頂けるように、祈ることもあると思います。

Y.Nさん・40代・女性

どん底をぶち壊すと、光がほとばしる……。すばらしいですね! 希望が持てました。ありがとうございます。

S.Oさん・40代・女性

ラジオを聞いて感動しました。感謝の心が込み上げてきました。

E.Kさん・男性

祈りが大事なことを再認識しました。

©2017 Happy Science